「おためしU愛Jターン」支援事業 おためし移住してみませんか?

2017年3月21日

平成28年度事業

平成28年7月1日より、「おためしU愛Jターン支援事業」のお申し込み受付がスタートしました。
普代村におためし移住し、村の暮らしや魅力、さらには普代村を拠点として近隣市町村などの魅力も体験いただければと思いますので、移住をご検討の皆様は是非、普代村の「おためしU愛Jターン支援事業」をご活用ください。
img_6612

〇参加資格
(1) 原則20歳以上の方
(2) 県外在住の方
(3) 利用期間途中からの利用者の追加は認められません
〇レポート及びモニター発信
(1) 利用者には利用期間満了までに普代村へ移住体験レポートを提出していただきます
(2) 利用者には自身のSNSを利用し可能な限り移住体験活動をモニター発信していただきます
〇利用期間及び利用人数 1週間(7日)以内
〇利用人数 6人以内
〇協力金 清掃及び寝具洗濯料に係る協力金を納入いただきます。(1人に付き1日500円)
〇参加申請から決定まで
(1) 原則、利用開始の1ヵ月前までに下記の「普代村U愛Jターン移住体験事業参加申請書」によりお申込みください。
(郵送、FAX、電子メール可)
・申請受付期間 平成28年7月1日(金)から平成29年2月24日(金)
・受付時間 平日の午前9時から午後5時まで
・申込み先 〒028-8392 岩手県下閉伊郡普代村第9地割字銅屋13番地2
普代村役場 政策推進室 「移住・定住係」
TEL:0194-35-2114 FAX:0194-35-3017
E-mail:f-seisaku@vill.fudai.iwate.jp
(2) お申し込み受付後、普代村で選考後に申請者あて参加決定書を送付いたします。
〇利用について
・利用開始時に普代村役場にて、協力金の納付を確認後、体験施設において施設の利用説明をし鍵をお渡しします。
・生活上必要な消耗品については、利用者で用意することとなります。
・利用者が用意した消耗品については、退去時に処分をお願いします。
・利用期間最終日に、村職員立会いのもと、体験施設の管理状況及び備品等の確認後に鍵を返却いただきます。
・あわせて体験レポートを受領いたします。

お申し込みを希望される方は下記をご覧ください
普代村おためしU愛Jターン移住体験事業参加申請書

普代村おためしU愛Jターン移住体験事業実施要項
普代村おためしU愛Jターン移住体験事業実施に係る運用方針
U愛Jターン チラシ

〇交通費助成について
上記移住体験事業に参加される方に対し、普代村までの移動に係る交通費の助成(往復3万円上限)を行います。
詳しくは、下記をご覧ください。
普代村おためしU愛Jターン移住体験ツアー参加促進助成金交付要綱

<利用者からの普代村体験レポート>
滞在期間:2016年11月3日~2016年11月6日
京都府在住 桂月様 普代村おためし移住体験
京都府在住 桂月様 普代村おためし移住体験①
京都府在住 桂月様 普代村おためし移住体験②
京都府在住 桂月様 普代村おためし移住体験③
京都府在住 桂月様 普代村おためし移住体験④
京都府在住 桂月様 普代村おためし移住体験⑤
京都府在住 桂月様 普代村おためし移住体験⑥
京都府在住 桂月様 普代村おためし移住体験⑦
滞在期間:2016年8月10日~2016年8月12日
神奈川県在住 安田様ほか5名
滞在期間:2016年7月14日~2016年7月15日
八戸市在住 松坂様
滞在期間:2016年7月8日~2016年7月10日
大阪府在住 髙木様
千葉県在住 新貝様

平成27年度事業

追手門学院大学との学官連携の推進する中で、都市部学生等の考え方を利用した、交流人口拡大施策、移住者の受け体制構築に向けた基盤整備として自然休養体験施設(鳥居地区)を「おためし移住体験」の拠点するため改修しました。利用していただく方には普代村体験レポートを提出していただきます。

<利用者からの普代村体験レポート>
滞在期間:2015年8月31日~2015年9月4日
武蔵野大学 鈴木様
武蔵野大学 小川様