すき昆布の甘辛煮

普代村に昔から伝わる家庭料理の一品です。ご飯に乗せて食べても、お酒のおつまみとして、そのまま食べても美味し<食べられます。
また、ラーメン、うどんなどに乗せて食べても美味です。焦げやすいので、弱火でかきまぜてください。冷凍保存も出来るので、多めに作っても安心です。

 

材料(4人分)

  • 普代産すき昆布…………1/2枚
  • こうじ……………………150g
  • えのき……………………1袋
  • ピーマン…………………4個
  • しいたけ…………………2個
  • ざらめ……………………300g
  • 醤油………………………150cc
  • みりん……………………150cc
  • 鷹の爪……………………1個(辛さはお好みで調整してください。)

作り方

  1. すき昆布は水に10分ほど浸してもどし、ざるにあげ、水切りをする。
  2. ざらめ、醤油、みりんを混ぜたものに、こうじをほくして入れる。
  3. 2にピーマン、しいたけを千切りにしたものと、えのきと識の爪を小さ<切ったものを混ぜる。
  4. 3を弱火で煮汁がなくなるまで(約20分)焦がさないように、かき混ぜながら煮詰める。