豚煮すき昆布

すき昆布と豚肉、豚脂は相性抜群素材。加えて鰹だしのハーモニーの味わいです。すき昆布は味が染みやすいので、豚肉のこってり味とは別煮の方法にしました。
温泉卵を加えて、豚煮すき昆布どんぶりにしてもさらに美味。
豚煮すき昆布を仕込んだチマキは普代名物の予感ありです。

 

材料(4人分)

  • 普代産すき昆布…………1/2枚
  • 豚バラ肉ブロック…………300g
    A(豚バラの水煮用)
    ・生姜の皮
    ・長ネギ(青い部分)
    ・赤唐辛子……………1/2本
    ・酒……………………50g
    ・水……………………700cc
  • 鰹だし汁…………………300cc
    B(豚バラ煮調味料)
    ・しようゆ………………20cc
    ・みりん………………30cc
    ・八丁味噌……………10g
    ・田舎味噌……………10g
    ・長ネギ………………少量

作り方

  1. すき昆布は水に10分ほど浸してもどし、熱湯をくくらせ、ざるにあげておく。
  2. 豚バラ肉ブロックは4つに切り分け、鍋に水煮用材料を仕込んで、とろっと柔らかくなるまで水を加減しながら煮る。(圧力鍋使用の場合は加熱約15分ほど)
  3. 2の煮汁を別鍋に濾しいれ、もどしたすき昆布を加えて好みのやわらかさに煮る。(圧力鍋使用の場合加熱約5分ほど)
  4. 鰹だしに醤油他調味料を加え煮汁を整えたところに、2の豚バラ肉をいれ弱火で加熱し、煮汁が半量<らいまで煮詰める。
  5. すき昆布の煮汁をかるく切って、4に合わせる。