すき昆布の炒り煮

普代のきれいな海で育まれた、すき昆布料理の一品です。
すき昆布の料理方法としては煮物が代表的ですが、地元では子供から大人まで、幅広い年代で食べられている炒り煮です。
汁が無<なるまで、焦がさないように炒煮する事で、酒のつまみ、又は、お弁当のおかずの一品として、昆布の風味、ごま油の風味がマッチした一品です。
昆布の硬さ、軟らかさはお好みに合わせて作ってください。

 

材料(4人分)

  • 普代産すき昆布……1/2枚(もどして250g〜300g)
  • 干ししいたけ………3枚(13g)
  • にんじん……………25g
  • ごほう(ささがき)……40g
  • ごま油………………大さじ1/2杯
  • 白ゴマ………………小さじ1杯
  • 鷹の爪………………少々
  • 水あめ………………小さじ1杯

  • 干ししいたけのもどし汁…200cc
  • 醤油…………………大さじ2杯
  • みりん………………大さじ1杯
  • 酒……………………大さじ1杯

作り方

  1. すき昆布は水に10分ほど浸してもどし、ざるにあげ、水きりをする。
  2. 干ししいたけも水(又はお湯)でもどし、適当な大きさに切る。
  3. ごほうはささがきにして水に10分ほど浸し、ざるにあげ、水きりをする。
  4. 鍋を熟し、ごま油で1のすき昆布2のしいだけ、3のごほうを約5分間炒める。
  5. 4にと千切りをしたにんじんを加えて、汁がなくなるまで炒める。
  6. 火を止める寸前に水あめ、朧の爪を入れかき混ぜる。
  7. 最後に白ゴマをちらす。