すき昆布と赤貝(又はムール貝)の酢味噌和え

すき昆布の香りと匹敵する海の香りを合わせた酢味噌和えです。
赤貝のほか、牡蠣を湯引きしたもの、あるいは、帆立貝、北三陸のホヤなどにも相性がいいでしよう。
オレンジを利かせた白味噌酢味噌は、普代村のわかめ料理にも応用できる和え衣です。
※写真は、三陸産ムール貝を使用。

 

材料(4人分)

  • 普代産すき昆布…………1/4枚
  • 赤貝(又はムール貝)……3個
  • 椎茸………………………2個
  • だし汁……………………適量
  • 酢…………………………適量
  • 酢味噌……………………80g

(酢味噌の材料)

  • 白味噌……………………120g
  • 酢…………………………50cc
  • オレンジのしぼり汁………20cc
  • 醤油………………………5cc

作り方

  1. すき昆布は水に10分ほど浸して戻し、ざるにあげ、熱々のだし汁でさっと煮てからざるにあげる。
  2. 赤貝は食べやすいように、身に隠し包丁を数箇所いれ二等分に切り、同量の水で割った酢水をくぐらせ、さっと洗う。
  3. 椎茸は灸ってから薄切りにする。
  4. ボウルに、酢味噌をいれ、水気を切ったすき昆布と赤貝、椎茸を入れ、手でよく和える。

〔酢味噌の作り方〕

白味噌に酢を少量づつ加えのばし、オレンジ果汁と醤油で香り高く仕上げる。